« 2017.06. 123456789101112131415161718192021222324252627282930 »
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ -------- (--) --:-- ]  
   Category:スポンサー広告

本記事は弩4次召喚スキルの「フリズベルク」の仕様について考察したものです。

本記事で調査した内容は以下です。

1.スキルレベルによる攻撃力の遷移
2.ダメージのばらつき度(実効熟練度)
3.スキル説明の表示攻撃力と実効攻撃力との違いの比較
4. 結氷時間延長の有無

2,3において、熟練度及び実効熟練度、表示攻撃力及び実効攻撃力という用語を用いておりますが、これらについては下で説明することとします。

★フリズベルクのダメージはキャラクターの攻撃力では影響されない。
★ただし、DEX、STRの影響を受け、弩の攻撃力計算式に当てはまる。
  ∴ 最高値 = (DEX×3.6+STR)×鳥の実効攻撃力÷100
  ∴ 最低値 = (DEX×3.6×実効熟練度+STR)×鳥の実効攻撃力÷100
★弱点がつけばダメージは1.5倍になる。


フリズベルクによって敵に与えたダメージを、自らのステータスに基づいて解析した結果を下記表にまとめています。

      aruen023.gif 

全スキルレベルのうち、重要度が高いと思われる部分を適当に選び、それぞれのスキルレベルごとに調査データを記録。敵へのダメージ倍率は1倍(弱点耐性無し)。 そうすると、各スキルレベルに対して以下のことが判明します。

実効攻撃力 ≒ 表示攻撃力×0.7

最低攻撃力計算式 = (DEX×3.6×0.7+STR)×実効攻撃力÷100

赤文字で書かれた部分は実効熟練度となります。

実効攻撃力とは、スキル説明の表示攻撃力のみではダメージ計算結果が釣り合わないため、計測結果とダメージ計算式が一致するように表示攻撃力に特別な計算を加えたものです。したがって第3者がダメージ量を求めるときも、実効値を使用することで計算の手間が省けます。

同様に、実効熟練度についても計算式にそのまま代入して使用できます。
具体的には、最低値計算式【(DEX×3.6×0.9×熟練度+STR)×実効攻撃力÷100】の赤文字で記した部分を計算して束ねたものが実効熟練度となります。

以下、表についての説明。

【表示攻撃】
その名のとおり、スキル説明に表示される威力。各スキルレベルに対して固有値として割り振られているが、実効値ではないため本来の威力とは異なる。

【実測最低、実測最高】
まず土台となる、それぞれのスキルレベルにおいての最低ダメージと最高ダメージを、適当な量だけ時間を取って計測。

【実効攻撃】
上で得られた実測最高値を、最高攻撃力計算式【(DEX×3.6+STR)×X÷100】との方程式として解くと、赤文字X、すなわち実効攻撃力が得られます。

【実効熟練】
次に熟練度の実効値を計算します。
熟練度を求めるためには最低攻撃力計算式【(DEX×3.6×X+STR)×実効攻撃力÷100】を用いる必要があり、実効攻撃力は先ほど【実効攻撃】で求められた値をそのまま用います。実効攻撃力を代用し、実測最低ダメージとの方程式を解くことで、赤文字X、すなわち実効熟練度が求められます。
また余談ですが、この式を表計算で扱う場合は、あらかじめ実効熟練度Xを求めやすいように式を変形しておきます。具体例を下に記します。

※d=DEX s=STR X=実効熟練度 a=鳥の実効攻撃力 m=実測最低ダメージ


                                                 aruen035.gif 

実効熟練度Xについて変形すると

                                                                 aruen036.gif 

【表示-実効】

表示攻撃力と実効攻撃力のそれぞれの関係を調べるために、まずは表示攻撃力から実効攻撃力の差を求めてみました。結果、スキルレベルが増すにつれて、差が増していきました。すなわち、表示攻撃力と実効攻撃力は差の関係ではありませんでした。

【実効÷表示】
一方、実効攻撃力を表示攻撃力で割って比を求めた場合、どのスキルレベルに対しても計算結果がほぼ一定値であることが確認できました。したがって、表示攻撃力と実効攻撃力は一定比を持つことが分かりました。

【結氷】
結氷(凍結)時間について。これは各レベルごとに攻撃を行った時の結氷時間の感じ方で勝手にクラス決めしたものです。結氷状態の持続時間は多少ズレが生じたりするので、完全に指定された時間で溶けるわけでは無いからです。なので結氷時間は短いと感じれば、まずまずだと思えば、長いと思えばと、曖昧に表記することにしました。
その結果、Lv11以降の結氷時間にはほとんど相違が見られず、Lv11以降の結氷時間は【中】ということに決定しておきました。結氷を付与した際、溶けるまでの時間が異常に長かったり短かったりするのは、フリズベルクではなく、結氷の現在仕様だと思います。


★フリズベルクのダメージ増加表
◆フリズベルクのスキルレベルに対するDEXの負担
◆現在DEXに対するフリズベルクの実効攻撃の負担
をそれぞれ表にまとめました。いずれも最大値計算式に基づいています。
また、相手が氷弱点の場合は、以下表の値を1.5倍してください。

                                                                
       【フリズベルクのスキルレベルに対するDEXの負担】
   
       aruen024.gif 

☆フリズベルクのスキルレベルがいくつの時に対して、DEXを上げるとどのくらいダメージが増加するかが把握できます。

         【現在DEXに対するフリズベルクの実効攻撃の負担】
       aruen025.gif 

☆DEXがある値の時、フリズベルクの実効攻撃力が増えるとどれだけダメージが増加するかが把握できます。フリズベルクLv30で実効攻撃力約350ですから、実攻増加10の行を35倍すると、およその与ダメージが求まります。


さて、以上のようにしてフリズベルクの仕様を計算していきましたがどうでしょうか。
数値を見ている感じでは、スキルレベルアップによる攻撃力の上昇率があまり大きいように感じられないとは思うんですが、巻き込める敵数はスキルLv.1からMAXまで一律最大4体もあるため、使用する場所によっては重宝するスキルだと思います。結氷効果もあるので、いつでもどこでもつれて歩きたいですし、スキルレベルが上がれば結氷時間も増加します。

非常に優良スキルではありますが、スキルレベルは30もあるため、無理してマスターする必要は無いでしょう。個人的な感想、ぶっちゃけLv.1でも十分使い勝手良いです。結氷時間も、相手の攻撃を完封する程度の時間があるし、結氷時間が増えても狩り中のシチュエーションによっては不意打ちは避けられなくなる場合があります。
ちなみに結氷【中】は、結氷をA⇒B⇒Aの順で与えた際、半々くらいの確率でAが溶けて先制を取られてしまうくらいの時間です。したがって結氷が長くなっても油断は禁物。

フリズベルクのスキル振りは、スキルレベルを上げたい意志のある方以外は、極力スキルLv.1で止めて他のスキルに振りましょう。
少しでも結氷時間を延ばしたいという方は、スキルLv.11で止めておきます。しかし、結氷時間の微妙な上昇に伴うマスタリーブックの対価が非常に高く、お勧めはできません。
一方、武器庫のファイアブルなど、弱点を突いて大量に乱獲が可能な狩場では非常に重宝するため、そういった場所をメインで狩り続けたいという方は優先してLv.21~30を目指しましょう。

案外ボス戦などの長期戦の時などはスキルの無駄撃ちも無く、有効なダメージソースにも十分なり得るので、やっぱり何かとあった方がお得なスキルですね。

[ 2008-08-26 (Tue) 23:54 ]   Comment(2) / TrackBack(0)
   Category:弩師育成支援
written by @音三昧
はじめまして^^
通りすがりにお邪魔させて頂きました^^ 応援ポチッ!!
宜しければ私のところにも遊びに来てくださいね♪
2008-08-27 (Wed) 12:45 Web [ Edit ]
written by 管理人
@音三昧さん

通りすがりにコメント頂き有難うございます。
今度遊びに行かせて頂きます。
2008-08-28 (Thu) 16:17 Web [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://tamassyu.blog106.fc2.com/tb.php/148-a47952ae
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。